“ミニふくおか2019実行委員会” 第5回目終了しました!

 本日の実行委員会は、如水庵の工場見学の報告から始まりました。

 「衛生面が徹底されていた」 「自分たちは今回楽しむ側だったけれど、当日は子どもたちを楽しませないといけないと感じた」 など、ミニふくおか当日の運営に落とし込めるような体験が出来たようでした。 

その後から本格的な活動がスタート! まずは前回の内容の確認です。自分たちで提案した具体的なサービスやお店の名前を見て、子どもたちはそわそわ・・・。早く次を考えたい! 

「ワクワク」「ドキドキ」「ニコニコ」に分かれて、リーダー・副リーダーを決めます!誰かやりたい人?? 

リーダー・副リーダーが決まったら、エリアごとに「起業」「ポイントカード」「ごみ」のいずれかについて内容を深めていきました。また、前の実行委員会で提案したお店やサービスの中身について話し合ったり、誰がどれを担当するのかといったことも決めていきました。 

今年のミニふくおかは1 人1 日しか来ることができないため、「どうすれば1 日でミニふくおかをMax 楽しんでもらえるかな?」と、頭を悩ませながらアイデアを出し合っている様子でした。 

今までよりも「ミニふくおか」が現実的になってきたんじゃないかな。