“ミニふくおか 2019 実行委員会”第 9 回目終了しました!

 今日は実行委員会の最終日です。ミニふくおか本番は終わりましたが、実行委員会のみんなにはまだやることが残っています。そう、次のミニふくおかをつくっていく仲間に何を残していくのか、未来にバトンを渡すための最後の仕上げです。全9回の実行委員会や本番の3日間、ミニふくおかという子どものまちを動かして感じたこと、考えたこと、みんなそれぞれあるはずです。

 まずは、本番も終わってしばらく時間が空いたので、あのときの感覚を思い出すために、振り返りのスライドショーから。3日間の様子が流れて、あんなことあったな、こんなことあったな、みんなだんだんと思い出せてきたかな。

そうしたら、次は、個人のまとめタイム!15分間みんな集中して、笑顔で、実行委員会やサポーター各々の立場で、ミニふくおかについての感想を書きました。

それが終わったら今度はもちろん、チームでまとめる時間です。「よかったこと」「反省点」「これからのミニふくおかにあったらいいもの」「その他」の4項目についてまとめていきました。最初の頃とは違い、チームでの作業は慣れたものです。どのチームもどんどん意見を出していき、予定通りの時間でまとめていきます。

発表の時間。みんな前向きに意見を出し合いました。この記録はきっと、次のミニふくおかをつくっていく実行委員の子どもたちの役に立つはずです。来年のミニふくおかが楽しみですね!そして、ミニふくおかを一緒に支えてくれたプロジェクトリーダーやクリエイターなどの大人の人たちからも、一言づつ子どもたちに言葉が送られました。

最後は、全員でカレーを食べて、最後の交流の場をもちました。今まで長い間、みんなお疲れさま!ありがとう!