8人の建築家誕生!!

11月29日に行われたまちクリエイターによるまちづくりの第1弾!小学生のみんなが幸せなまちに必要な建物を考えているところを取材してきました!
みんなにアドバイスをしている遠藤先生にお話を聞きました。

Q今、何をしていますか?
Aみんなで幸せの建物を作っています。建築修行中です。

Q建物を作る上でのコツはなんですか?
Aあんまり考えないこと!作りながら困ったら経験のある人たちに聞いたりして作っていきます。

Qまちクリエイターのみんなに今日のワークショップでどんなことを感じて欲しいですか?
A将来、自分の居場所を自分で作れるってことを知ってもらって、クリエイティブに作れるようになって欲しい!

そんな遠藤先生の期待を背負ったまちクリエイターたち。みんなが作った建物とそのこだわりポイントを聞いてきました。

4年生のSくん。作っていたのは、なんでもや!おお〜、それは私も欲しい!外のデザインや中の本棚もちゃんと全部に題名が書いてある。細かい!
先生たちが言ったことやアイデアをメモに書き留めてワークショップに取り組んでいました。

6年生のNくん。これはおっきなすべり台!楽しそう!
立てるのがすごく大変で先生たちと試行錯誤しながら作り上げた作品みたい。エレベーターやクッションがあったりして滑る人への思いやりを感じました。

5年生のAちゃん。卓球センターを作っていたみたい。
中の人が持っているラケットなど細部まで作られていてすごく丁寧!
イラストがすごく可愛くてスポーツが苦手な人でも入りやすいと思いました。

3年生のKくん。最初は何を作るか決まっていなかったけど、最後には警備が厳重な倉庫が出来上がりました!スポンジを細かくちぎって透明な袋につめて岩を作る発想が面白い!しっかりとした柵もつけて安全安心な倉庫になりました。

5年Tくん。作っていたのは、図書館!図書館の前にある噴水から出ている水が透明折り紙で表現されていてすごくリアル!中にも外にも大きな本が飾ってあって本好きにはたまらない空間が出来上がりました!

6年Aくん。なんと競馬場を作ったんだそう!セロテープに細かく切ったガムテープを貼り付けて柵にしたり、ガムテープで馬を作ったりしてこだわってる!飾ってあるガチャガチャはなんと動く!すごい!!匠魂を感じる素晴らしいクオリティでした。

他のみんなも物作りが好きで集まってくれて、今回素敵な建物が合計で8つもできました!ワークショップの最後ではみんな無事、建築家になることができました!
おめでとうございます!(パンパカパーン)
ポップコーンシティの未来がより賑やかになりましたね!
これから他のブースで作ってきたものと組み合わせてどんなまちができていくのかが楽しみです!

(執筆者:メディアグループサポーター 林 莉奈子)